脇谷のりこ宮崎県議会議員

宮崎県議会議員

自由民主党 宮崎県連 女性局長

  • 文字:

ブログblog

2020/05/07 ブログ

マンサイシ??

マンサイシって・・・

漫才師じゃありませんよ。

「檬栽師」って書くんですって。

「マンゴーを栽培している専門の人」

という意味で、当て字だと思うんですけど、

マンゴーを育てている職人!のことです。

 

その檬栽師(マンサイシ)の集団を作った発起人が、

宮崎市の鬼塚高幸さん。

マンゴーを始めて25年以上。

当時は5,6人ぐらいしか栽培してなかったんですね。

鬼塚さんは、お父さんの代から一緒にミニトマトをやっておられたのですが、

高幸さんがマンゴーをやりたいと始められ、

最初の3年はミニトマトの収入にも迷惑をかけてしまい、

お父様からはもう辞めろと言われていたんだそうです。

それでも諦めず、温度調節から土づくりまでコツコツ頑張っておられたからこそ

今の鬼塚さんがあるのですね。

 

奥様の理有子(りうこ)さんと、もう一人のパートさん、合わせて3人で

7つのハウスで、マンゴーの収穫時期を変えて栽培されています。

 

今、最盛期を迎えている宮崎の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」

は、育てたマンゴーの約3割くらいしかならないそうです。

それほどの、甘さと大きさと、すべてのバランスの良さ。

そんなマンゴーに出会って良かった!とおっしゃる鬼塚さんは、

マンゴーを育てるのに100%満足ということはない!

死ぬまでチャレンジ! 終わりがない!

とのこと。

さすが、檬栽師(マンサイシ)!

職人はカッコいいですね~(^^)/