脇谷のりこ宮崎県議会議員

宮崎県議会議員

自由民主党 宮崎県連 女性局長

  • 文字:

ブログblog

2020/04/09 ブログ

バラの二代目

バラの生産者で、二代目の

松浦 通久さん、雅子さんご夫妻

(宮崎市跡江)

ご両親(松浦通寛さん、厚子さんご夫妻)が40年前にバラ生産を

始められ、3年前に息子さん(通久さん)が後を継がれました。

お義母さんも、若奥さんも笑顔が素敵(*^^)v バラがお似合い!

残念ながら、息子さんは写真嫌いだそうで(^-^;

お話も聞けませんでした。

 

一年中咲いているバラですが、3月が一番、一斉に咲くんだそうです。

あわせて、歓送迎会を始め、ブライダルや母の日など

3月~5月が一番イベントが多く、需要も高い時期。

 

松浦さんのバラは、北海道の旭川と宮崎に出荷しています。

北海道は東京経由ですから、まず飛行機が飛ばないと届けられません。

今は8割ほどの出荷ですが、いつ航空便が止まってしまうか・・

不安な毎日です。

バラは一生懸命咲き誇ってくれますが、

それを収穫しても送ることができない・・

生産者さんから花屋さんへ、

需要がなければ花屋さんも注文しません。

 

そこで、ご自分たちが育てたバラを、

市や地域センターに持ってきて、飾ってくださってます。

 

(パーフェクトスィート。とても長持ちするバラです)

 

お花屋さんには必ずバラが置いてありますけど、

売れなかったお花は、ロス花ということで、

東京に集められてドライフラワーになるんだそうです。

今、ロススィーツとか、ロス食品がありますけど、

ロス花もあるんですね。

ちょうど、松浦さんちの作業場にもドライフラワーがありました。

 

 

 

 

松浦さんのハウスの横の作業場には、ウサちゃんがいました。

ピーターラビットの種類、ネザーランドドアーフだそう。

毛がふさふさで可愛いですね~。

 

 

 

こんな時期だからこそ、自宅に花を飾る習慣になってくれると良いなぁ・・とのこと。
外国では、普段でもお花をプレゼントする、お花を家に飾る
習慣がありますから、日本も、そんな花のある暮らしを提案したいですね~(^^)/