令和2年 新年のご挨拶

新年、あけましておめでとうございます。

 

今まではFacebookで写真つきでご挨拶しておりましたが、

このホームページでの発信に切り替えています。

 

 

県議会議員になって初めての新年を迎えました。

宮崎市が合併後に中核市になってから、

市議会議員を約8年間務めさせていただきましたが、

この中核市での市議を務めた県議が私だけなので、

県議になってから、戸惑いと悩みながらの8ヵ月間でした。

中核市というのは、県を通さず直接、国との折衝ができるので、

ほかの市町村よりできる事業が多くあります。

その事業をチェックする市議会で勉強してきましたので、

県議になってから、ほかの県議さんとの立場や考え方の違いに戸惑い、

宮崎市選挙区の県議の存在価値はどこにあるのか、

考えさせられたこの8ヵ月でした。

 

でも1つ言えることは、市議を永年経験したことがとても良かったということです。

宮崎市の財政状況を、今までの流れを含めて把握できるということ。

中核市である宮崎市が、県都としての役目をどう果たされるのかを県全体から見ることができる、ということです。

いずれにしても、県都宮崎市の発展を願いつつ、県全体の均衡も図っていかねばなりません。

 

 

県議としては、1年目なのでまだまだ分からないことも多く、

先輩議員に教えていただきながら駆け抜けていく毎日だと思います。

その先には、今の悩みとはちがう悩みがあるかもしれませんが、

その悩みに自信がついていくことを願って、日々精進してまいります。

これからもご支援いただくと幸いです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。