天皇陛下御即位記念

令和元年、5月1日午前10時から宮崎神宮にて践祚(せんそ)改元奉告祭が行われました。
践祚(せんそ)とは、皇位を践む(ふむ)という意味で、天皇が皇位につかれることです。
宮崎神宮の御祭神である神武天皇は、日向をご出発されて奈良の橿原で初代天皇につかれています。

今日は雨にも関わらず、朝から大勢の参拝者が来られていました。厳かな雰囲気の中、皆様と一緒に新しい時代の幕開けをお祝いしました。
令和の時代が大過なく、平和な時を刻めますように。

杉田宮司のお話し

悠久の舞

玉串奉奠では、私も県議として拝礼しました。雨の中、神官さんが傘をさしていただきました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です